スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |

新代田 香屋 青鬼坦坦麺

Image622.jpg
土曜の王様のブランチで坦々麺特集をしていた。

坦々麺大好きなんだけど、適当に入ったお店だと当たり外れ激しい。
だから、紹介されてた都内4ヶ所は全部メモった(^-^)v

三田 香屋
赤坂 うずまき
本郷 瀬佐味亭
亀有 もぐや

中でもダーリンが食べてもいいかなーと思った、青山椒のきいた坦々麺を目指すことにした。

香屋は、新代田と五反田にもあった。
ちっちゃいお店で、少し並びました。
メニューは坦々麺以外に、プチ点心みたいのがいろいろありおいしそう。
細かいことだけど、オープンキッチンなのにカウンターの上にものが置かれすぎて、ラーメン作ってるとこ見えなかったのがやや残念。

青鬼坦坦麺は、いい香りでした。
普通の山椒より鋭い辛さかな。。。体調イマイチだったせいか、やられた感じ。
麺が少なめで、メニューに指南されてたように残ったスープにごはんを入れてダーリンと半分こにして食べきったけど、最後は辛さがつらくなりました。
ごまがかなり濃厚なのは○。

ダーリンは汁なし坦坦麺を注文。
私のその日の体調はこっちだったかも。

坦坦麺だけで4種類あるので、またいってリベンジしたいです。


PR:<a href="http://fukugyo.en-power.info/">副業</a>


PR:<a href="http://chara.sakurap.net/">性格改善ドットコム</a>


PR:<a href="http://kokoro.en-power.info/">産業カウンセラーの求人</a>


PR:<a href="http://therapy.en-power.info/shoku">転職</a>


PR:<a href="http://therapy.en-power.info/">寡婦</a>


PR:<a href="http://hana.sakurap.net/">資格でキャリアがーる</a>


PR:<a href="http://experimentalism.livedoor.biz/archives/793238.html">理想の結婚</a>


PR:<a href="http://counselor.en-power.info/">カウンセラーの</a>


PR:<a href="http://konkatsu.miaiya.jp/">婚活</a>


PR:<a href="http://www.robamimi0874.com/">カウンセリングろばの耳</a>


PR:<a href="http://www.sakurap.net/">育児休暇で資格をねらう</a>


PR:<a href="http://marry.en-power.info/">結婚相談所の活用</a>


PR:<a href="http://cycle.en-power.info/">自転車ダイエット</a>


PR:<a href="http://moerusangyoco.jugem.jp/">産業カウンセラー</a>

| 家族考察 | 10:34 | comments(5) | trackbacks(0) | pookmark |

クレープ

Image389.jpg
待ち人きたらず・・・

今日は真剣な話をするはずだったから、相手の遅刻は多少心理的に優位に進めるかも?
また眠剤のんじゃったかなあ。
ふつうに心配だし、これはビジネスに影響ないとは言い切れまい・・・。


PR:<a href="http://hana.sakurap.net/">資格でキャリアがーる</a>


PR:<a href="http://experimentalism.livedoor.biz/archives/793238.html">理想の結婚</a>


PR:<a href="http://konkatsu.miaiya.jp/">婚活</a>


PR:<a href="http://www.robamimi0874.com/">カウンセリングろばの耳</a>


PR:<a href="http://www.sakurap.net/">育児休暇で資格をねらう</a>


PR:<a href="http://marry.en-power.info/">結婚相談所の活用</a>


PR:<a href="http://moerusangyoco.jugem.jp/">カウンセラー</a>


| 家族考察 | 14:06 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

こどもの性格

心理屋として育児はとても興味深い経験だ。
3歳になって、性格の特徴が表れてくる過程は、はっきりいって超〜おもしろい。

自分から生まれたのに、なんでこんなに違うのか。
私は生まれてから中学くらいまでめちゃノンビリ屋で楽天家だった。
ムスメはかっぱつ、喜怒哀楽がはげしい、わりと用心深い。
好きなものはお笑いとプリンセスと納豆。

赤ちゃんのときは身体が劇的に変わるけど、今はどんどん新しい言葉を覚えて、遊びの中でいろんな工夫をして、ソフトを鍛えていってる感じね。
幼児だけに、極端なことを主張することも多くて驚かされるが、要は、いろんな立場や視点を想像する機会を投げかけてあげればいいんだ。
想像力、これが全ての源だもんね。


PR:<a href="http://experimentalism.livedoor.biz/archives/793238.html">理想の結婚</a>


PR:<a href="http://konkatsu.miaiya.jp/">婚活</a>


PR:<a href="http://www.robamimi0874.com/">カウンセリングろばの耳</a>


PR:<a href="http://www.sakurap.net/">育児休暇で資格をねらう</a>


PR:<a href="http://marry.en-power.info/">結婚相談所の活用</a>


PR:<a href="http://moerusangyoco.jugem.jp/">カウンセラー</a>

| 家族考察 | 20:36 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

寒い

人間関係が難しいとか思うのはかなり久しぶり。
会社員時代は仮面かぶってたし、ベクトルなんて合わせる必要なかったってことね。
今は、やりたいことのために、みんなをまとめなきゃいけないから、思い入れが全然違う。
みんなやりたいことなのは同じなんだけど、バックグラウンドやビジネスの常識がばらばらだからなあ。

次の自分の誕生日まで123・・・と日を数えてみる。もう10月か。はやいね。
ママとお茶を飲むことにした。仕事やめてからゆっくりしてるかな。お金はてんで返せてないけど、期待してくれてるみたい。名前だけとは言え監事まで引き受けてくれた。
たくさんの友達と、あって集まることができて、NPO法人まで作れて、大変だけどまあ、望んだ方向に進んでる。
もっとメンタルヘルスの実力つけていかないとね。
| 家族考察 | 18:58 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

家族療法三日目

最終日にして、保育園のクラス懇親会と重なった。年度末はねえ。

今年度自費で申し込んだ唯一の研修で、内容の希少性が高いこともありどっちに出ようか最後まで迷ったが、結局中座することに。
たった2時間しか出られなかったけど、やっぱりすごくよかったなー。

家族心理面接の考え方はもちろん、イメージの技法を使う効果、ねらいは個人面接でもすごく使える。
傾聴だけでは理解に積み残しが出るし、クライアントにも効果が伝わるのに時間がかかる場合もある。
そんなときのイメージ。
デジタル人間・左脳人間には使いづらいと言った方がいましたが、私の理解としては、それ自体が不適応の基である場合にこそやる価値がある、のかも。
願わくば、この朧げな理解を、実践で使いこなせるくらいもっと勉強できる場がほしい。

家族の構造の理解の仕方は、自分ちの家族についても身につまされることでした。
メタ的にバランスを取っていくことは役に立つと思われる・・・。
| 家族考察 | 13:35 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

家族の力動学

こどもが赤ちゃんのうちは、ただ夫婦二人で協力しながら一生懸命世話をするだけなんだけど、ちょっと大きくなって、独立した意志を表すようになってくると、家族の力関係がまたかわる感じがする。

父と娘連合VS母。
母と娘連合VS父。
父と母VS娘。

こんなことが起こりえるわけで。

母が娘をしかって、父が娘の肩をもって「かーちゃんはこわいねー」「えーんとうちゃーん」となったときの最初、自分でもはっきりわかるほど眉がつりあがったよあたしゃ。
別に理由なくしかってるわけじゃない。
なぜそこで甘やかす?!

とマジ切れ。
確かにこわい母w

でも、最初だったので叱りたくて叱ってるんじゃないのに、悪者にしやがって! と瞬間的に腹が立ったのだった。

こどもが、ちょうど悪戯ざかりというか、どれくらいで怒られるか試すようなことをしたい年頃なので、すぐにこの構図はパターン化し、さらに逆パターンも日常のことになったこのごろ。
私自身は、父の注意のしかたが「くどいなー」と思っても、できるだけその場では不公平にならないようにしてるつもりなんだけど。
でも、自分で自分の親ぶりは客観的にわからないので、これでいいのかどうかわからないなー。

たぶん、理想を考えてみるならば、片方が怒ってるとき片方が「甘やかす」んじゃなく「なぐさめる」立場で、でも悪いことしてたらちゃんと謝ることを教えて、それができたら二人ともすごくほめるのがいいんだと思う。
それと、2対1の組合せが固定化しないように、バランスがいいのがいいのだね。
JUGEMテーマ:家族のこと


| 家族考察 | 16:40 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

家族パワーの源 実家

実家にはよくいくけれど、全員が揃うことはまれ。
たまたま昨日の日曜、全員集合。
ものすごく、うるさい。

自分対パパ。
自分対ママ。
自分対イモウト。

一対一なら、そんなに気にならないのだけど。
たった4人なのに、組合せになると、微妙なパワーバランスになってしまって不協和がおきる。
ああ〜この感じ。
私もイモウトも家を出る前、もう5年くらい前の家の中の空気を思い出す。

クセはあるけど全員おもしろい人たち。
しかも、友達に話を聞いてもうちってかなり仲がいいほう。
私が今よそでそれなりに立派に見られているとしたら、それは間違いなくうちの影響だし、私が幸せな自分を家族をつくりたいと素直に願えるのも、それに向かって努力を惜しまないのも、ぜーんぶあの家に育ったせいだ。

でも、それでも。
実家とは、キュークツな場所なのだ。

パパはエラソーな人間。
本当に強い人だけど、かなりのエゴイスト。
でもって家族を褒めないし、気に入らないと怒鳴り散らす。

私は彼から強さを、そしてこっそりエゴイズムを受け継いでいる。

ママは家族ラブな人間。
正義感が強すぎてときどきヒステリー。
テレビのニュースに怒ってる。

私は彼女から家族愛を受け継いでいる。

イモウトは、ちょっと困ったやつ。
センスはとびきりいいのに、根性なしなのでそれを活かして生きる術にしようとはしない。
父からエゴイズムを、母から主観的な性格を受け継いでる。

イモウトと私はけっこう、批判しあってばかり。
3日も一緒にいるとお互い腹が立ってくる。
でも、お互い頼ってるところもあって、お互いの話以外は一番盛り上がるから、ときどき泊まりにきたりお茶しにいったり。

イモウトは私の娘を溺愛してる。
パパもママも同じ。
娘はかすがい。

JUGEMテーマ:家族のこと


| うちの家族 | 17:07 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

ワークライフバランスと家父長制

ワークライフバランスの概念が、日本でだけ立ち遅れている理由。
どうやらそれは、日本の男性が父権を剥奪されている歴史と深く関係しているらしい。

終戦後、日本は家父長制度を廃止したことにより民法上父権は存在しなくなった。
代わって育児における母性の重要性が極端に強調され始め、家庭において父親の存在感は薄くなり、ますます父は外で仕事、母は家を取り仕切る役割と固定した。

諸外国では、女性の社会進出により、男性は家事・育児をそれまでより多く引き受けざるをえなくなり、ワークライフバランスは当然男女双方の課題となったらしい。
日本では相変わらず、男性は家のことに物理的な時間が割けないため、ワークライフバランスは女性の関心ごとになってしまっている。

家父長制の廃止はフェミニズムからの流れらしいが、この家事や育児の分業固定化を決定づけたとしたら皮肉だ。
JUGEMテーマ:家族のこと


| 家族考察 | 19:22 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

家族をつくる

家族をつくる


家族になろう。
この世で一番の味方になること。
ずっと生き方を尊重しあう相手でいること。

結婚して家族をつくると、社会的責任が生まれる。
それは、案外自分を縛るものではなくって、どっちかというと、ちゃんと生きるための指針みたいなもの。
家族を支えること、それは社会を支えることでもある。

楽ばかりの人生なんてない。
仮にあったとしたら、そこには同時に空しさ、なんの達成感もない寂しさも存在するだろう。
多くの人間にとって人生は超えるべきハードルの連続だ。
そのハードルを越えているところをそばで見守ってくれ、応援してくれて、時には一緒に超えてくれる、それが家族だ。

一緒に生きていこう。
愉快に、がんばっていこう。
一緒に歩いていこうね。


JUGEMテーマ:家族のこと


| 家族考察 | 17:36 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

家族療法1日目

24日は家族療法の研修だった。

前に申し込んでいた認知行動療法がすぐ埋まってしまいキャンセルも出なかった日程。福井先生、どんだけ人気なのか。
でも、おかげでめちゃめちゃ費用対効果の高い実践研修に出るチャンスに恵まれたのです。
一般公開しないのにクリスマスイブに20人埋まるってスゴイ。
先生は東大大学院の亀口先生。

家族療法は、来年の私のテーマだな。
家族は支えだって、実感わいてきたとこだし。
技法としては、対複数の面接が可能になる。
笑いを大事にするのも、やりすぎなければ、好印象だ。

「ストレス社会を生き抜くあなたへ、メンタルバランスチョコレート」
というCMがあった。
仕事が忙しすぎたり、過酷な競争を強いられたりするときに支えになるものは、チョコレートじゃなくて、実際のところ家族しかないんだ。
心も身体もバランスを維持して生き抜く秘訣は、家族をもって、きちんと機能させること。

だから、アメリカは離婚も多いけど再婚も多いらしいよ。
| 家族療法 | 17:22 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Archives
Categories
Recent comment
Links

スパイシーライフ、バランスライフ

育児休暇で資格をねらう

万有縁力―出会いのexperimentalism

万有縁力

万有縁力別館

育児な心理学

ワーク・ライフ・バランスと天秤座

女性の発達臨床カウンセリング

結婚は羅針盤のない航海

キャリアの白地図

Mobile
qrcode
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM
Sponsored links